年収2000万の人は目標が明確vs年収300万の人は目標が曖昧

年収2000万円の人は、そのほとんどが明確な目標を持っています。

たとえば、今の仕事で何を実現したいのか?具体的な数字として何を達成するのか、どんな状態になっていたいのかなどといったものがしっかりと明確になっています。
また、その目標は「いつまでにやるのか」や「どうしてそれをやるのか」といったところまで明確になっているはずです。

一方、年収300万の人は明確な目標を持っていない人が多いようです。
目標があるわけではないので、自然と主体的に物事に取り組むというより、受け身で物事に取り組むことも多くなるようです。

「何か良いことが起こればいいな」と考えながら昨日と同じことを今日も繰り返す日々です。
目標がある人でも、年収2000万の人に比べると、目標があいまいであることが多いようです。
「何となくああなったらいいな。だから頑張ろう。」といったイメージです。

年収2000万の人の場合は「あれがいつまでにほしい、なぜならこうだから。そのためにこれをこうしていく」といったように、目標がより非常に明確であることが多いのが特徴です。

というのも、この辺りが全てクリアになっていないと本当の目標とはいえず、「そうなったらいいな」というような願望のようなものになってしまうからです。
この違いが、それを実際に達成できるかどうかの大きな差になってきます。
目標をここまで落とし込むことができるか?
もしできれば、それはもう半分叶ったようなものです。

キャリアプランにも差が

人生設計でも大きな違いがあります。
年収2000万の人は、自分の人生設計やキャリアプランといったものをしっかりと考えています。
何歳までに何をして、どのくらいの収入を得て、どんな暮らしをしてなど、人生設計を非常に具体的に描いている人もかなり存在します。

年収300万の人は、こういった人生設計やキャリアプランを持っていない人が大半ではないでしょうか。
そもそもこういったものを考える機会もあまり持ってこなかったかもしれません。
自らの意志で人生を設計していくというより、何とか食いっぱぐれないにどうするかを考えてきたかもしれません。

まず人生の主要な分野でどうしたいかハッキリさせてみましょう。

「仕事」「人間関係」「お金」「健康」「教育」「精神・感情」の分野でどうしたい?どうなりたい?なにがほしい?なにがいらない?のですか?

「SMART」を使った目標設定の方法

ちなみに、目標設定の方法には「SMART」というものがあります。
これは各項目の頭文字をとったもので下記のようなものです。

Specific=具体的か?
Measurable=測定できるか?
Achievable=達成可能か?
Reasonable=意味ある目標か?
Time-bound=期限やスケジュールは?

これらが明確になっていないと、目標があいまいでアクションや結果につながらないと言われています。
かならずしもこの通りやる必要はありませんが、年収2000万を目指すなら、これらを参考にぜひ目標を落とし込んでみてください。

目標はただ立てればいいというものではない

今すぐに全ての目標を明確にする必要はありません。
思い描けるものだけでも構わないでしょう。
適当な目標ならいくらでもすぐに立てられますが、そんなことをしても意味がないからです。
ここで言う明確な目標というのは、心の底から納得した目標のことです。
考え抜いて、本当に欲しくて、しっかり腹落ちしている目標です。

また、目標というものは一度決めたらそれを一生持ち続けなければいけないものではありません。
どんどん変わっていくものです。

ですから、まずは今思い描ける範囲で、現時点の目標をしっかりと立ててみましょう。
先ほど、「仕事」「人間関係」「お金」「健康」「教育」「精神・感情」が人生の主要な分野と記しましたが、このいずれかの領域でも構いませんし、それ以外でも構いません。
本当に達成したいと思う目標を考える時間を持ちましょう。
しっかりと考え抜くことが大事です。
これができればかならず成果が大きく変わってきます。

目標を潜在意識に落とし込む

本当に達成したいという目標にたどり着いたら、年収2000万の人たちはその想いを強く持ち続けるために自分自身の潜在意識にまでそれが届くように工夫します。

ある人は「毎晩風呂場で一人で鏡を見ながら、そこに映る自分自身にその夢を強く言い聞かせます」。
またある人は「目標を毎日紙に書いたり、目標を書いた紙を持ち歩いたりしています」。

やり方は人それぞれですが、年収2000万の人たちはそうして自己暗示をかけて迷いなく目標に邁進していく工夫をしています。

このやり方は全く科学的ではないので「そんなことをやっても意味がない」と言われればそれまでですが、年収2000万の人の多くはこうしたことをやっていて、年収300万の人たちでこうしたことをやっている人はあまりいないはずです。

HOME年収2000万の人は目標が明確vs年収300万の人は目標が曖昧年収2000万の人は読書家vs年収300万の人は本を読まない年収2000万の人は現実を見つめるvs年収300万の人は現実から目をそらす年収2000万の人はポジティブに何事も楽しんでいる年収2000万の人は捨てるのがうまいvs年収300万の人はため込む年収2000万の人は貢献しようとするvs年収300万の人は得ようとする年収2000万の人は投資感覚を持っている年収の分布 平均給与は415万円セルフイメージが年収を決めている当サイトについて